IT化が進む!電話会議irやWeb会議システムで時間と経費の節約

IT
このエントリーをはてなブックマークに追加

業務内容の把握

男性

法律事務所が必要な情報をひとまとめにする案件管理は、システム内で簡単に行なえます。業務上必要な情報をバラバラにすることがないので紛失リスクが少なく、情報共有も簡単になるので便利です。

詳しくはこちら

海外との通信が可能

ネットワーク

出張費のコストを85%もカットできる可能性があるWeb会議は、多くの企業が導入しています。海外との通信も可能で、クリアな音声と映像で会議をスムーズに進められるのが特徴です。

詳しくはこちら

案件をまとめる

ジャッジガベル

弁護士が携わる各クライアントの案件をまとめるなら、専用のソフトを使用するのが一番です。ここなら簡単な操作で案件情報をインプットすることができるため、必要な時に情報を取り出せて整理できます。

詳しくはこちら

活動を円滑に行なう

会議

会議への参加

投資家向けに行なわれる株主総会は、遠方から参加される投資家にとって大変なことです。しかし、それでも投資をしている企業の動きを知るための大事な会議なので、参加しないわけにはいかない事情もあります。このような人達に向けて提供されているが電話会議irであり、通信手段を使って会議に参加できる新しいシステムとして注目されています。電話会議irなら、遠隔地で現地に行くことができない場合も電話で参加できますし、場所を選びません。何より、投資家として知っておくべき情報をしっかりキャッチできることが大きな強みになっています。

円滑に進める手段

電話会議irを用いるのは、基本的に株主総会を開催している企業側。これは投資家達のニーズに応えることができるツールであるため、円滑な会議を進めるために導入されているのでしょう。それに、このサービスを導入していることにより、投資家達に満足感を与えることも可能。ですから、事業に投資をしてくれる人を増やす活動に繋がる可能性もあるでしょう。潜在的に求められている機能性を兼ね備えたツールであることから、経費をかけても導入したいという企業が増えています。

品質も問題なし

電話でも会議参加は、音声の品質と内容の把握がちゃんとできるか心配されるところです。しかし、電話会議irの最新システムなら、実際に現場で参加しているような臨場感を出せるのが魅力のひとつ。ですから、投資家達に不快な思いやうやむやな情報を提供することはなく、遠隔地でもストレスフリーで会議に参加できます。